破産宣告に必要な費用について【破産宣告トータルガイド】

破産宣告に必要な費用について【破産宣告トータルガイド】

破産宣告に必要な費用について【破産宣告トータルガイド】

破産宣告と言うのは債権者に対して債務者が破産したという通告をすることです。この手続きは裁判所の認定を受けて行うものであり、以後は債権の回収が容易には行えなくなります。一般にこの様な破産宣告をするためには個人の場合でも企業の場合でも弁護士を通じて対応することが多くなってきます。そのため一般に弁護士費用と呼ばれるお金が必要になります。
この破産宣告のための弁護士費用は、その債務の量や内容によっても異なりますが、個人の場合にはおよそ50万円程度が平均してかかる費用の相場だと言われています。あくまでも 平均ですので債権者の数が多い場合や、金額が多い場合などは様々な手間が増えますので金額が高くなっていくことが想定されます。
この様に自己破産するのにも平均してそれなりに高い費用が必要になるのです。この様な仕組みを利用して債務整理を考えているのであれば、自己破産にもある程度の費用がかかるということを意識して準備しておかなければなりません。借金の問題を無償で対応してくれるようなサービスは存在していないのです。
なお、歯酸1千目によって債務問題を帳消しにする場合には資産のほとんどが没収され、信用が失墜するというリスクが存在しています。出来れば他の方法で債務整理をすべき問題でもあるため、弁護士と相談するのであればより現実的な対応へ変換することを含めて考えておくとよいでしょう。何が何でも自己破産と考えるのはあまり良いことではありません。